事業案内

鉄筋ガス圧接施工

酸素・アセチレンを使用することで100%の接合が可能なガス圧接施工を行っています。日本圧接協会より、優良圧接会社として第1回から現在まで継続して認定されております。
お陰様で会社設立以来順調に業績を伸ばし、各建設会社様から絶大な信頼を得ております。
詳しくはこちら >

高分子天然ガス圧接施工(エコスピード工法)

高分子天然ガス圧接継手「エコスピード工法」は、従来の還元炎を用いたガス圧接に替わり、高分子還元剤「PSリング」を用いる新しいガス圧接工法です。天然ガスの使用により環境負荷の低減を図れるうえ、圧接作業の信頼性が向上します。
詳しくはこちら >

エンクローズ溶接施工

近年、施工方法の改善によって、鉄筋を陸で組上げ、ブロック単位として重機で組み立てる先組工法が取り入られています。この工法で組み立てられた柱筋及び梁筋などの接合に溶接継手が取り入れられています。
詳しくはこちら >

超音波探傷検査

鉄筋ガス圧接部、エンクローズ溶接部、鉄骨の溶接部等の検査として行われています。施工した部位、施工した構造物の破壊試験が困難な場合に、非破壊検査として行われます。
現在は圧接部の検査、溶接部の検査のほとんどで行われています。
詳しくはこちら >

フレアー溶接施工

鉄筋の接合方法の一つで、柱フープ筋、鋼管杭ひげ筋、床スラブ筋等の接合に用いられ、高速道路高架橋の耐震補強工事等で施工されています。
炭酸ガス半自動溶接機によって施工されることが多くなっています。

機械式継手取付施工

表面の節がねじ状になっている異形鉄筋を、ナット、カプラーを使用してねじの原理で接合する工法です。ネジ締め付けによって接合した後にセメント状のグラウト材を注入させて、ネジ山に生じる隙間を固めます。作業は鉄筋工事業者で行いますが、当社でも取り付け施工致します。
詳しくはこちら >